2009年01月07日

インド株 究極の「ZERO・リスクトレード」

インド株 究極の「ZERO・リスクトレード」

2008年 FXは終わり、インド株ブームが始まる


あなたは空前の大相場が続くインド株市場で
月、約34.7%の利益率を誇る投資術をご存じですか?

あなたは、数々のバックテストや検証のすえ勝率、平均98%を立証した
究極の投資手法をご存じですか?

最初10万円が、気づいた時には日本の生涯賃金をはるかに超える
一大資産に変える方法を知りたい人は他にいませんか?

ハッキリと言いましょう。

たった約30万円の元手を、ジワジワと1年をかけて
巨大な資産に変身する瞬間に立ち会いたい人はいませんか?



細木和子は日本で初めて具体的なインド株ノウハウを公開したパイオニアです。

当サイトは厳格なJWord審査に合格した日本で初めてのインド株サイトです。



多くの専門家やプロからの推薦状をいただいております。



基本投資術だけでも元が取れるでしょう。


 株式分析のプロ。
 中国株などの外国証券担当。

  証券アナリスト 金子暁さん

こんにちは細木さん。

マニュアルを見せていただきました。


結論はズバリ、したたかの一言です。

この方法は、大手ファンドや大きな資金力のある機関投資家には向きませんね。

その代わりに、個人投資家にとっては最高の手法です。


ZERO・リスクトレードはフットワークは腰の重い組織では不向きで、

完全に個人投資家向きなのです。


このマニュアルは初心者が陥りやすい罠や
一般投資家が資金を失ってしまいがちな状態をとことんまでカットしてますね。

基礎知識の段階で、ほとんどの個人投資家は元を取れるでしょうね。

それだけの内容です。


さて、気になるインド株の状況ですが相変わらず値幅が激しく動いています。

去年(2006年)の6月に大暴落した後、しばらく湿った相場が続いていましたが

それでもやはり大きく成長しています。


何よりも、暴落・暴騰に関わらず

この投資法は利益に還元してしまいます。

去年の暴落時でも、この手法でならば大幅な利益が出ております。

上げ、下げに関わらず、値動きを利用して巧みに稼ぎ取る手法は
本当に女性らしい、したたかさを垣間見せられずにはいられません。


現実的に、これほど個人投資家にのみ特化された投資手法は他にはありません。


先に断わっておきますが当サイトで公開されている手法は
投資でも投機でもありません。

インド株式市場の盲点を巧みに突き、時間差を利用して
リスクをほぼ完全にカットして利益を得る方法です。



※莫大な資産形成をしたい

※すでにブームが過ぎ去った日本株や中国株、FXに代わる次の時代を掴みたい

※今まで、投資に対してひたむきに努力したのに満足いく結果が出なかった


・・・・そうした真剣な方のみ、ここから先をお読みいただく事をお願いします。


そうでなければ、今すぐページを閉じてください。


投資歴や、専門的な知識や技術は一切必要ありません。
いわゆる株式市場において、最後の勝ち組になりたいと熱望する人なら

圧倒的な勝率と圧倒的な資産形成ができるのです。

あなたの資金は、瞬時にドドン!と増加します。

そして、その増加した資金を革命的な手法で動かすと・・・・

あなたの資金は雪だるま式に巨額の資産へと生まれ変わります。

2007年まで、日本で水面下では話題になりつつも・・
誰もが稼ぎ時を過ぎ去ったデイトレやFXにしがみついて
本格的に参加しなかったインド株だからこそ、可能な投資術が存在します。


あなたは、ブームを過ぎ去ったデイトレードにしがみついていませんか?

それとも、ついつい謳い文句に騙されてFXのマニュアルを購入してしまい
個人が結局は利用されるだけのFXに手を出してしまっていませんか?

すでに冷えた市場にいくらしがみついていても、
いくらそんな市場で良い投資手法を身につけても成功は夢のまた夢なのです。

いい加減、マニュアル販売会社を儲けさせるのではなく、
あなた自身が儲けてみませんか?

もうそろそろ、あなた自身がおいしい思いをしてもいいはずです。

あなたが稼げる場所に移住してみませんか?

まだほとんど知られていないインド株 『ZERO・リスクトレード』ならば
人間なら誰しもが持つ金銭欲のすべてを満たしてくれるかもしれません。


投資経験ゼロ?

主婦?

大学生?

デイトレードで破産した人?

日銀総裁?

もし仮にご両親の許可するならば

中学生でも、高学年の小学生でも

誰であろうと、そんなことは1ミリたりとも関係ありません。


同じ利益率を出し、同じ勝率を叩き出すことが不可能ではありません。


おそらく、
あなたはこれから変化する環境にただただ呆然とするしかないでしょう。

なぜならば、
ほとんどリスクもなしに資産がわんさわんさと増えていくのですから。

今、「そんなことあってたまるか!いつもの誇大広告に違いない!」

と思われた方。

今すぐページを閉じていただいてもかまいません。


なぜならば、ひたむきに勝利をつかみたい!

本当に自分の環境を変えたい!

そういう気持のない人には、何の価値もないサイトだからです。



 申し遅れました。

ようこそ、当ウェブサイトへ。
一念発起して、わざわざここまでお読みいただきありがとうございます。

現在、大学でファンドマネージャーを目指して勉強している
細木 わこと申します。
(漢字は和子と書くのですが「ほそきかずこ」と読まれるのでこう記載しました)

まず最初に、お断りしておきたいことがあります。
このサイトはただ単に、マニュアルを販売するためのサイトではありません。

もし、本当にマニュアルを売りたいだけならば他の業者のように、
食いつきの良いFXやデイトレードのマニュアルを販売してます。


2007年
以前からインド株の時代が来る!といわれつつも
未だに日本には基礎しか解説していないインド株の書籍しか出回っておりません。

そんな中で、インド株の具体的手法を
日本で初めて公開するのには正直ためらいがありました。


何度も言いますように、もし私が本当にマニュアルを売りたいだけならば
まだ皆様の予備知識が豊富でない「インド株」を題材にしません。

普通の情報販売のように、すでにブームで過熱感のある題材を取り扱います。


しかし、過熱感のある市場やすでにブームが到来している市場では

すでに大きな稼ぎ時は終わっているのです。


大抵のノウハウやマニュアルなどは所詮は結果論です。

ある人がその手法で儲け終わったからこそ、手口を公開して販売するのです。

つまり、誰でもが認めるブームになったということは
すでに市場は飽和状態になっているという証拠です。

本当に稼げる段階というのは、まだ一般書籍に具体的なノウハウが出現していない段階です。


当サイトは、すでにインド株がブームになってから始めたサイトではありません。

流行に乗っかって始め出した、売ることを目的にしたサイトでは一切ありません。

当サイトこそが、インド株情報の第一人者であり日本初の正規サイトです。
(2007年 2月23日時点でJWordにおいて正規サイト登録されています)


さて、あなたが投資で成功することに関係のない話を長々とする必要はありませんね。


当サイトの目的は

国際舞台で勝利できる、新手の個人投資家の育成を目的としております。


難しく言ってしまいましたね。


要するに兎にも角にも

・お金を稼ぎたい!

・成功した投資家として名を残したい!

という方を対象にして作成しております。

そのように本気で思われていない方には、


この段階でページを閉じてほしいんです。


本当にまだインド株に関する書籍も市場にほとんど出ていない現時点で

この手法を公開することには本当にためらいがありました。


だってそうですよね。


本当に稼げる方法なら、私ひとりが独占していればいいからです。


ではなぜ、公開に踏み切ったのか?

当然、いろいろな理由があります。


今現在、ネットでは非常に多くの投資ノウハウが流れています。

しかし、そのどれもがデイトレードや中国株、FXに関するものばかりです。

全てすでに話題(ブーム)になって、利用者の反応が良いものばかりです。


しかし、もう一度良く考えてみてほしいのです。

すでに、話題になり、ネットではノウハウがあふれかえり、
市販の本でさえ山のように出版されているような状況では


ハッキリいってすでに儲け時を大きく逸しています。


テレビや書籍で大々的に話題になり、
誰もが認めるブームが起ってしまっては

もはや大きく稼げる時期は大きく過ぎ去っています。


もう、一部の人が荒稼ぎした後なのです。

そうした人がそれまで稼いでいた経験を、
さも現在も通用するかのような口ぶりで宣伝します。

そして、それを見た人が見事に引っかかって大切な資金を失い
失意のうちに市場から撤退していきます。


なぜ、そのようなことを何度も語るのか・・・


それは私自身がそうだったからです。

私が投資の世界に参加したのは、2005年冬。

通称”ジェイコム70億の男”や大学生が3億稼いだ話を聞いて
一大ブームになった株を始めようと思いました。

その当時、私は高校生でした。

今までためたお小遣いやお年玉でかき集めた虎の子の20万円を全額投入しました。


・・・


結果は言うまでもなく、好調な相場はその次の1月には無残にも崩壊しまいした。


私の大切なお金は、どこかの誰かさんの利益になっちゃったわけですね。


何度も言いますように、話題沸騰し市場が過熱感が高まってしまったときは
すでに一般人の稼ぎ時は過ぎ去っているんですね。

本当に大きく稼げるタイミングとは・・・・

まだ、多少注目されつつも、
だれも参加しようとしない市場なのです。

だからこそ私は、まだほとんど注目されていない、
ほとんど知られていない段階で

本当に稼げるノウハウを公開しようと思ったのです。


それともうひとつ。

私は別に情報販売やネットビジネスを本業にするつもりはありません。


私は過去に投資や外貨で損をした経験から、いろいろ研究を始め

その結果、純粋に投資の世界に興味を持ち

現在、大学生となった今ではファンドマネージャーを目指して活動してます。


しかし、ファンドマネージャーという職業は非常に難しい職業です。

資格として証券アナリストを取得しなければならない事も難しい原因ですが

なによりも労働市場において、
競争力が激しく一部の人間しか選ばれないのが実情です。


そんな時、私のインド株投資の実績は大きな武器になるのです。

なによりも、インド株投資術『ZERO・リスクトレード』を活用し、広めていくことで
経験を積むことにもつながり、何よりも就職の際のウリになります。


だからこそ、あえて申し上げますが


この私のHPで紹介する方法は、
ただ単に売ることを目的とした他の情報とは一線を画します。

今までの誇大広告にありがちなすでに飽和状態の
既存の投資法とは完全に性質を異にしています。


以上のことをご理解の上、説明をお読みください。

もし、あなたが誇大広告で宣伝するマニュアルがお好きで
本当に個人投資家が成功できる場所に興味がないなら、しつこいようですが

今すぐページを閉じてください。
 今まで一生懸命投資法を勉強したのに成功しなかった方へ

今、インターネット上には非常にたくさんの投資手法が存在します。
投資系の情報が数多く存在します。

それらのほとんどが、確固たる理論を基にした優秀なものです。

事実、過去に優秀な実績を有しているはずです。

それらの情報を入手して実際に稼いでいる人は多くいらっしゃるでしょう。


しかし、本当にその1つの情報のみで稼いでいる方は、きわめて少ないでしょう。


こうした情報で一番重要な要素はただ一つ。


実際にあなたの口座残高を増やすという結果のみです。


わざとらしいサクラの体験談や、それらしく思わせるハッタリではありません。


それらのことを、情報(またはマニュアル)購入者の皆様が
実際に有効活用するためには

長い時間的投資とかけがえのない資金の犠牲という膨大な検証作業が必要となりました。

つまり、今までの投資法ではノウハウを手に入れた後、各自で多くの資金や時間を犠牲にして内容を吟味しなければならなかったわけです。

これを「検証コスト」とでもいいましょうか。


そして、投資という性質上
一つの手法を試すために、2か月・3か月実際にトレードを重ねて
さらにそのデータを時間をかけて吟味しなければなりませんでした。

もしも、ここまで時間を掛け・貴重な資金を投げこんでまでモニターした手法が

あなたにとって利益の出ない方法だったらどうなりますか?


「お金と時間を完全に無駄にした」


そういうことになります。

結局これまでの投資手法は、利用者個人の主観や判断に基づいて行われるもので
その人の考えによって大きく結果が左右されるものでした。

だからこそ、「誰でも」「安全に」「稼げる」
ということは残念ながらありませんでした。


世の中には本当にたくさんの投資技術や必勝法などが存在します。

私は自分の手法を公開するにあたって

これ以上、安全でなおかつ驚異の利益率を誇るトレード方法が
この地上に存在するかどうかを確かめるために

実際にインフォカートやインフォトップなどの情報サイトで販売されている
有名な投資のマニュアルを、かなりの量を購入し実際に検証してみました。

確かに、売上ランキング上位に存在するものなどは
現実的で有効であると感じる情報が多かったです。

それらは、
プロを志す私にとっては「知識を得る」という意味で買った甲斐がありました。


しかし、投資初心者の方や、資産を増やしたいと願っている一般人の方にとって
本当に有意義であったかどうかは疑問が残りました。


なぜなら、大抵の投資手法が

・多額の資金を必要としない投資法では時間的拘束が強かったり

・少額投資でも多くの利益が望める投資法では、
各自でロスカットを求められる場合が多かった

からです。


複雑なチャート分析を根拠にしてるものも数多くありましたが、

いくら分析しても、所詮チャートで儲かるわけがありません。

だってみんな同じチャートを見ているわけですから。

そのようなやり方、誰でも安心して投資に専念できるものではありません。


私はそのような、
一部の選ばれた・もしくは環境の整った人間のみにしか活用できないノウハウを、
さも「誰でも・素人でも使いこなせる」と吹聴して売りつけている業者が許せません。

あなたがそうした情報をつかまされて、大切な資金を失って失望したとしても

あなたは絶対に悪くありません。

投資は自己責任とはよく言われますが、
ハッキリいってそれは粗悪なノウハウを伝授した業者の責任です。

人は誰でも、儲かっている投資履歴や、札束を見せつけられれば
思わず「私も早く参加せねば!」と思いマニュアルを購入してしまうでしょう。

誰にも責められることのない、夢を買ってしまいます。

それを棚に上げて投資は自己責任と言い放って責任逃れするのは
間違っているでしょう。


あなたの選択は誰にも責められません。

人には誰しも、一攫千金をつかみたい!安心な資産運用をしたい!お金がほしい!

そんな金銭欲を持っています。

人間である以上、それはごくごく普通の気持ですし、ネットの世界にはそうした人のために親身になってサービスを提供しているサイトも存在します。

私は、そうした人が誰でも持っている欲望に付け込んで
夢を逆手にとって、食い物にしている業者が許せません。

すでに稼ぎ時を終えた情報を引っ張って、売り続けている業者が許せません。


だからこそ、私は

未だ日本でほとんど知られていない、インド株の手法を公開することにしたのです。

 インド株を選ぶ理由とは

今なぜインド株なのか?

そう思っている方も多く存在すると思います。

その理由は、ズバリ

一番効率よく、そして安全に稼げる唯一の市場だからです。


2005年
ネット証券の充実から個人投資家が一気に増えました。

そして空前のデイトレードブームが起こりました。


2006年
それまでのデイトレブームが冷め、日本株の大不振から外貨取引・FXが大流行しました。


それらに関する情報や書籍はすでに大氾濫しています。

すでに市場は大荒れです。

すでに多くのライバルが存在します。


残念ですが一般人や素人が「誰でも」勝利できる市場ではありません。


いつまでも過去のブームにしがみついたり、

華やかな外貨取引のイメージに騙されたり・・・・


そうした現状から脱却せずに正しい市場に移り変わらない人たちが、
数多く時間的、または金銭的損失をこうむっています。

損をしていなくとも、期待ほどの成果を得られていないでしょう。


たとえ優秀なノウハウを手に入れたとしても、すでに冷めきった市場でいくらもがき苦しんで努力しても、労力の割に大きなリターンは得られないのです。


インド株自体は2005年頃から注目されていました。

2006年も一部の個人投資家は参入する程度賑わっていました。


しかし、デイトレードやFXのように大々的にクローズアップされたかというと全然そんなことはありませんでした。

その利益率やポテンシャルには一部で注目しつつも、
実際に利用している人は少ないのです。

ひょっとしたら今年あたり、インド株投資で大成功を収めた人がテレビでインタヴューされるかもしれませんね。(それはあなたかもしれませんね)

そして、インド株に関する書籍が大量に出版され、
その時点で大多数の一般人や個人投資家の方が参加するようになるでしょう。


もう何度も説明しましたが、
そのタイミングで参加する時点で大きな成果は望めないことはわかりますね。


あなたが稼ぐためには、そうした方(後続者)が大量に参加し始めた時点で、
あなた自身はすでに確固たる投資法をもっている必要があるんです。

そして新参者よりも常に先に進んでいる必要があります。

今だからこそ、大きく儲けられるチャンスが存在するのです。


 絶対的な法則とスタイルの必要

今更ながらですが、投資の世界には

「勝ち組」「負け組」が存在します。


私たち資金力のない個人投資家は決して後手に回ってはいけません。

そして何の根拠もなく「まぐれで勝った」というような

確固たる手法やスタイルを持たずして投資をするべきではありません。


現在、個人で私を含め億単位のお金を動かす個人投資家は多く排出され
大成功を収める人がいる一方で、

きちんとした投資手法やスタイルを持っていない人間は、
常に負け組に追いやられてしまいます。


投資で安定して利益を上げていくことは、
統一したルールに基づいたトレードが必要です

要するにトレードをパターン化するだけのことです。

 圧倒的な勝率を誇る『ZERO・リスクトレード』

先に断わっておきます。

これから紹介する投資手法は投資の王道ではありません。

市場原理を巧みに利用した、変則的な手法です。

とあるタイミングで存在する買い目に入り込んで、瞬時に利益を稼ぐというものです。

異常な値動きを見せるインド株だからこそ、大きなリターンを望めます。

ここで不安に思った方もいらっしゃるかもしれません。


値動きが激しいということは、株価が上がってる時はもうかるけれど

暴落のときはどうなるんだ?

そう思いませんでしたか?


ご安心ください。

『ZERO・リスクトレード』とは

暴騰はもとより、暴落すら利益還元してしまう投資術なのです。


知り合いのファンド関係者によると、非常にしたたかな手法

だそうです(笑



しかし取引自体は淡々と行い、非常にシンプルかつ機械的に動きますので

投資 = ギャンブルという認識の人は楽しめないでしょう。


単純ゆえに、簡単作業の繰り返しなのでハッキリ言えば退屈です。


しかし『ZERO・リスクトレード』は


ロスカットをする必要がありません。


投資系のノウハウや書籍の大半が、
ロスカットが重要であると説明を大いに割いていますけど

そもそもロスカットをする可能性があるトレードをする時点で失格です。


この手法では、万全なリスクコントロールを維持し続けますので、
損失(ロス)という概念が一切存在しません。

つまり、一般的に考えられるリスクがほとんど考えられないトレードを継続して機械的に行っていくのです。

これこそがこの手法が『ZERO・リスクトレード』と呼ばれるゆえんなのです。

投資の性質上、当然リスクが全くなくなるわけではありませんが
一般的に投資家が懸念されるリスクが、最大限カットされてるというわけです。


しかし、そんな圧倒的なのトレードでもデメリットもあります。

大抵の投資情報ではメリットばかりきらびやかに説明して、
デメリットはほとんど記載してませんでしたよね。


デメリットとは、すなわち誇大広告ができないことです。

残念ながら、私の手法は

あなたの1万円を一瞬で1億円に変えるというような
うそくさい非現実的な結果をもたらすことができません。

情報系にありがちな、あきらかにあり得ない誇大宣伝の内容ではありません。

ZERO・リスクトレードの利益率は、平均して
月34.7%という現実的な数値になっています。

毎月、コンスタントに平均して34.7%程度の利益を的確に得ていく方法となります。


しかし、相場の変動リスクや外的要因に一切振り回されることがないため
投資歴の有無や専門的な知識などは一切必要ありません。

単純に株の買い方と売り方さえ知っていれば、

望む結果を求めることができます。


ハッキリいって、日本の個人投資家の意識が低い中で
この手法を公開することは非常に危険だと思います。

日本の個人投資家が、現在重要なポジションを位置取るインド市場において
大成功を収めることが、日本の国際的な競争力を高めることになり

そして、そうなる事がこのサイトの目的なわけですが

しかしその反面、
投資というものの本質を間違えて覚えてしまうかもしれないのです。

何よりもあなたのお金の価値観を狂わせてしまうかも知れません。


このインド株でのZERO・リスクトレードでは
相場観どころか、投資先の企業の情報すらも必要ありません。

この方法でトレードを続けていけば、たとえば月、約34.7%の利益率でも気づけば
あれよあれよとまとまった資産を保有することは誰でも想像がつくと思います。

だからこそ、「裏王道で荒稼ぎすること = 投資」と思ってしまっては困るのです。

それだけが非常に心配です。


株式市場には必ず、巨額の資本が動いた際の「ひずみ」が生じます。

しかし、それは素人目にはほとんどわかりません。

そうしたひずみに運良く、入り込めた方が・早期に見つけ出したものこそが

勝ち組になるという絶対原則があります。
(あのジェイコムの男のように)


何度も言いますが、何の考えもなしにトレードしても資産は増えません。

圧倒的に勝てるスタンスをとり、取引を統一する必要があります。


このZERO・リスクトレードでは、

一般人こそが主役となれる方法を

極限まで実現しています。


中学生でも主婦でも、サラリーマンでも

その事実は変わりはありません。
 ZERO・リスクトレード具体的な投資法

具体的なやり方を知らねば、購入者様の利益を損なう恐れがありますので

ZERO・リスクトレードの概要を解説します。


いきなりですが前言を完全に撤回いたします。


先ほど

ブームが到来して、ノウハウがちらほらと出始めたらすでに稼ぎ時は過ぎ去っている

と、私はそう言いました。


しかし、インド株における『ZERO・リスクトレード』に関しては

市場や、相場、テロによる暴落やその他の外的要因など

あらゆる条件が関係なくなります。

つまり、

・一般人がゾロゾロとインド株式市場に参入した後でも

・あなたがどれだけ出遅れても

・市場が飽和状態になったとしても

一切関係ないのです。


なぜならば資産が増えるタイミングを見計らって買い目を決定するからです。

そうした意味も含めて『ZERO・リスクトレード』という名称なのですね。


勿論、参加が早ければ早いほど、多く稼げることは否定しませんが

参加した後は同じように、延々と青天井の利益を得続けるだけです。



さて、マニュアルに関してですが

これは先に断わっておきますが、私の体験談ではなく実践書です。


まずは、初心者の方のためにインド株の基礎知識と一般的な投資法を学んでいただきます。

こちらは一般書籍でも入手できる知識ですが
初心者の方に完全に対応するために特典としてつけています。

その上で、具体的にイメージをつかんでいただいた後で

具体的な投資術に入っていきます。

だから、「インドといえばカレーしか知らない」という人でも開始できます。

もちろんインド株を含む投資経験自体ゼロでもかまいません。


まず、ZERO・リスクトレードとは

特別な市場原理と時間差を利用して超短期のトレードで利ざやを抜く方法です。

ミニッツトレードに近い感じです。


買うタイミングは完全に決まっており、保有リスクが完璧にカットされます。

すなわち「損失を被らずに、利益のみを狙える」

ということです。


そしてリスクフリー(リスクがほぼない)なので、資金を大胆に使うことができ
その上同じ資金を何度も回すことが可能なので資金効率は非常に優れています。


何よりも、投資前にある意味利益が確定している状況で注文を入れるため

言い換えてみると時間差トレードのようなスタンスです。

つまり、その時間差を利用することによって利益をあらかじめ期待できるわけですね。


私はこうした、裏王道的な立ち回りを利用する以外に

ほぼリスクなし、巨万の利益を得られる

そうした目的は果たせないと考えます。


また、一度この手法を身につけてしまうと

ZERO・リスクトレードの理論はインド株のみならず、
外貨や中国株などでも応用が可能になります。

しかも複雑な内容はほとんどなく、
それどころか同じパターンを繰り返し行うために、非常にシンプルゆえ
退屈に感じる方もいらっしゃるかもしれないくらいです。

何よりも、数々のバックテストを行い徹底的に検証した結果採用された手法なので


真実の勝率 約98%に近い成績を実現できます。


 今までの投資術で失敗したパターン

勝つことと負けることを繰り返し、絶対的なパターン化ができていない。
(一般人にとって一度でも負けることは致命的です)
一時的とは言え、含み損を抱えることもあり、一般人には安心して使えない。
(途中で怖くなって放棄する事が多いです)
結局実践できない内容だった。
(理論が難しい、資金が足りない、そもそも意味不明など)
マニュアル販売サイトのサクラややらせの取引履歴に騙された。
個人の価値判断に依存するポイントがほとんどだった。
(これでは各人の判断が全てで、マニュアルの購入意味がありません。)
取引内容に自信がなく、夜眠れない。
相場に張り付いていることができない。
(本業じゃないんですから、主婦や学生、サラリーマンには無理ですよね)
今まで確実に勝てるといわれていた手法は、一部の人間のみが対象だった。
(所詮は環境に恵まれてる一部の「選ばれた人」のみが活用できた)
結局今までのノウハウは大きな投資資金を持っていることが前提だった。


 ZERO・リスクトレードの特徴とメリット

損をするというリスクを大幅にシャットアウトしている。
絶対的な法則で存在するタイミングで、安全に利益を得られる。
改めて検証する必要性が皆無。
保有リスクが一切ない。
未だ市場に過剰な過熱感が入り込んでいない。
圧倒的な成長率を誇るインド株市場に早期参加ができる。
資金の多い少ないにかかわらず、誰でも同じ結果を望める。
トレードをパターン化することで、機械的にシンプルである。
資金の流れが効率的・円滑的に回せる。
理論を臨機応変に使いまわせるために、今後経験が無駄になるということがない。
経験がない初心者でも、基本的な知識のみで実行可能。


いまだ多くの手法が公開されているインド投資術
投資とは、いわば情報スピード戦です。
勝ち組になるかどうかは本当の投資スタイルを持っているかどうか
ただそれだけです。
誰よりも早く勝ち組としてのポジションをつかんでください。
【JWord登録済み】インド株 究極の「ZERO・リスクトレード」
posted by インド株 究極 at 20:43| インド株 究極の「ZERO・リスクトレード」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。